四日市テレクラや四日市でツーショットダイヤルを楽しむテレフォンセックスならハニートーク!

恋愛・結婚もいいけど、もっと気楽な出会い!
ハニートーク四日市センター

男性専用  059-348-0717

携帯電話でも、一般電話でも、スマートフォンでもご利用になれます。
登録の時雑誌コードを入力で、5,000円分のお試しポイントが付いてくる♪

※尚当センターでの無料Pは1,000円です。

三井住友銀行
渋谷支店
(普)8833261
口座名義 モモコ

※お振込みの際の注意点
必ずご依頼人のお名前の欄に会員番号を記入・入力して下さい。
誤った会員番号・お名前で振り込んだ場合は03-3462-1666までご連絡下さい。
会員番号とは
【後払いの場合】ご登録頂いたお客様の電話番号
【先払いの場合】当社が発行した6桁の会員番号です。

三重県デートスポット情報

アダルトな雰囲気の人妻・熟女と四日市でのデートコースが決まらない時に、とっておきのお勧めコースがありますよ!
ウィステリア鉄道は、三岐鉄道開業70周年を記念し、三岐鉄道が開業した時につくられた蒸気機関車の展示とその模型を走らせることを目的に建設されました。三岐鉄道三岐線の終着駅である西藤原駅で、毎週日曜日に駅前公園でミニSLやミニ新幹線を運行(10:00〜15:00)したり、三岐鉄道開業時に活躍していたSL102号機と三岐通運ゆかりのディーゼル機関車、中部国際空港土砂輸送で活躍した機関車を保存展示しております。ウィステリア鉄道はこれらの運営・維持管理を担うボランティア組織で、この事業に協力していただいた員弁郡藤原町(現在はいなべ市に合併)の町花であった藤の花(英語でWisteria)にちなんで名づけられたそうです。SL E102号機とは、ここに展示されている蒸気機関車(E102号)は、開業時に新造された2両のうちの1両で、大阪の汽車製造会社で造られたそうです。総重量43.5トン、軸配置1−C−1のタンク機関車で、当時のお金で18,000円だったと記録されております。 タンク機関車というのは、短距離用で石炭と水を機関車本体に積込む形式のものですが、細部は三岐鉄道だけの独特の姿をしております。三岐鉄道では開業から約22年半、貨物列車を引っぱっていましたが、昭和29年に大阪窯業セメント株式会社(現在は住友大阪セメント)へ在籍となり、工場での入換作業車両として活躍していました。

四日市センターは、三重県の下記の住所のお相手とつながります!

四日市市,鈴鹿市,亀山市,伊賀市,名張市,津市,川越町,朝日町,木曽岬町,桑名市,いなべ市,荻野町,東員町

四日市テレクラ

▲このページのtopへ

PR
モモコ
ワールド
マニアックス
パラダイス
スマラブ
ピクトモ
ココイク