八戸テレクラや八戸でツーショットダイヤルを楽しむテレフォンセックスならハニートーク!

恋愛・結婚もいいけど、もっと気楽な出会い!
ハニートーク八戸センター

男性専用  0178-47-0275

携帯電話でも、一般電話でも、スマートフォンでもご利用になれます。
登録の時雑誌コードを入力で、5,000円分のお試しポイントが付いてくる♪

※尚当センターでの無料Pは1,000円です。

三菱東京UFJ銀行
渋谷中央支店
(普)6983393
口座名義 株式会社ナビジャパン

※お振込みの際の注意点
必ずご依頼人のお名前の欄に会員番号を記入・入力して下さい。
誤った会員番号・お名前で振り込んだ場合は03-3462-1666までご連絡下さい。
会員番号とは
【後払いの場合】ご登録頂いたお客様の電話番号
【先払いの場合】当社が発行した6桁の会員番号です。

青森県デートスポット情報

出会い系で知り合った八戸の熟女とのでデートでお勧めのスポットの紹介します。
櫛引八幡宮(くしひきはちまんぐう)は、南部氏初代光行公によって創建され、以降南部領総鎮守として約800年の歴史が御座います。国宝館には、二領の国宝「赤糸威鎧兜(あかいとおどしよろいかぶと)」、「白糸縅褄取鎧兜(しろいとおどしつまとりよろいかぶと)」をはじめ、多数の文化財が収められております。鎌倉時代より南部藩(青森県南部・岩手県北部)の総鎮守として、多くの人々に尊崇されてきています。また、所蔵の国宝・赤糸威鎧をはじめとした宝物、国指定重要文化財の御本殿など、八幡宮全体が文化財となっています。櫛引八幡宮は南部家初代光行公の草創と伝えられいます。 南部家文書(八戸根城南部家・『八戸家系』、『八戸家傳記』)によると、 文治5年平泉合戦(1189年)に戦功をたてた光行公は源頼朝から糠部郡(ぬかのぶのこおり、岩手県北部・青森県東部の広大な地域)を拝領し建久2年(1191年)に入部、後に家士を遣わして甲斐南部郷の八幡宮御神体を奉持せしめ、霊地をトして櫛引村に 宮社を造営し武運長久を祈ったという。 「櫛引八幡宮縁起旧記」によれば、このとき遣わされた家臣とは津島平次郎で、平次郎は宮地が決まるまで六戸の瀧ノ沢村に仮宮を営んで奉祭しました。 また、甲斐から別当僧の 宥鑁(ゆうばん)が供奉し、別当普門院の祖となったという。 津島平次郎の子孫に当たる 滝沢家は八幡宮の鍵守として、普門院とともに代々祭礼を取り仕切ったそうです。 また、『櫛引八幡縁起』には、櫛引村に大同年間(806〜810)に坂上田村麻呂が祀った 八幡宮の小社があり、同神同体であるので瀧ノ沢の仮宮からこの地に遷座したとあります。以後、櫛引八幡宮と称し、南部の総鎮守となったそうです。
☆出会いのタイミングって本当に大切ですよね!いつどこで出会いのチャンスがあるのかなんて誰もわかりません。一生懸命婚活してるからって相手が見つかるわけでもないし街コンに行ったからって理想の相手とあえりとも限らないテレクラで会った女性だってその場限りってとっても多いです。でも出会いはどこにでもあると思うのです。どうせ出会いなんてないやって思って何もしなくなったら出会いのチャンスは来ないのです。だからパートナー探してをしている人はいつでも出会いのチャンスを逃さないように出会いがあったらまずはお茶からでもOK!行動していかなきゃなのです。

八戸センターは、青森県の下記の住所のお相手とつながります!

八戸市,十和田市,三沢市,東津軽郡,上北郡,下北郡,三戸郡

八戸テレクラ

▲このページのtopへ

PR
モモコ
ワールド
マニアックス
パラダイス
スマラブ
ピクトモ
ココイク